どんな物のことを栄養補助食品と呼んでいるのでしょうか?

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング- 栄養補助食品 の中で最も人気のある商品です
栄養補助食品という言葉は、よく耳にするようになってきています。
どんな物のことを、栄養補助食品と呼んでいるのでしょうか。
栄養補助食品とは、毎日の3食の食事だけでは十分に摂取することができない栄養素を補うための食品のことです。
人間が生来持っている自然治癒力を高め、病気にかかりにくい体質になることや、体調不良がの回復速度を上げるために使われています。
ビタミン、ミネラル、その他という3種類の栄養素のいずれかが、栄養補助食品には含まれています。
初めのうちは、機能性食品という名称で販売されていました。
1991年に特定保健用食品に名称を変え、2000年には栄養補助食品はビタミンとミネラルに限定されました。
現在の体制になったのは、2001年からです。
健康食品ブームによって様々な企業が健康食品の販売に参入してきたことにより、より商品選択がしやすいようにと保健機能食品制度ができました。
栄養補助食品とは、通常の食事で不足する栄養素の摂取が目的で、栄養素の濃縮物が剤型の形状で1種類またはそれ以上含まれている食品ということになっています。
錠剤、カプセル、液体型、液状アンプル、粉の個包装などが、剤型として指定されています。
どんな商品のことを栄養補助食品というかは国ごとに決まっているので、商品を選ぶ時はその点を踏まえるといいでしょう。
栄養補助食品は、いわゆる健康食品とは、違うものを示す言葉です。

栄養補助食品の選び方について

普段の食生活で不足しがちな栄養素を補うために栄養補助食品を利用する人が増加しています。
しかし、数々の栄養補助食品があるため、どういう選び方をすべきは判断できない人もいます。
栄養補助食品を選ぶポイントとはどのようなことなのでしょうか。
栄養補助食品は、薬のように飲んでから1日2日で効果が出るようなものではなく、長く利用しなければいけないものです。
栄養補助食品を選ぶ時には、毎月どのくらいの金銭的負担のあるものかをチェックしておくことです。
一つ飲み切ったら、途切れないように次も同じものを買えるようにしておかなければ、栄養補助食品を使い続けることはできません。
最近はネット通販などで定期購入をすると割引になったり、ポイントがつくような商品もありますので、上手に活用すると良いでしょう。
原材料に使われているものには、天然成分と合成成分の2つの種類が、栄養補助食品にはあります。
合成されたもの方が安価ですが、体のために本当に良いのは天然の栄養素です。
できれば天然の成分から作られた栄養補助食品を選ぶようにしましょう。
栄養補助食品を選ぶ時には、1日に摂取できる栄養素の量のも注目してください。
とはいえ、分量以外にも、確認したいことはあります。
飲み合わせや、相互作用がある栄養素が含まれているかなども合わせて、栄養補助食品を検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする