お肌のトラブルNO.1「にきび」をしっかり予防しよう!

105768

にきびを予防する方法について

にきびは、空気が乾いてくると、多くできやすくなると言われています。
にきびの予防を始めるならば、季節が秋にさしかかったころがおすすめです。
寒い季節になるとにきびが多くなるのは、気温だけの問題ではなく、空気の乾燥か進むこともあります。
気温が下がり、湿気が減ると、皮膚の水分が失われて、にきびができる毛穴の周囲も弾力性を失ってしまうことが多いようです。
毛穴からの分泌物が目詰まりし、にきびの原因になります。
にきびの予防に取り組むためには、皮膚の乾燥を防ぐために、毎日のスキンケアをきちんと行うようにしましょう。
屋外の湿度が低下する以外にも、暖房を使うと室内の湿度も低下しますので、自分のお肌は自分で守らないとあっという間に乾燥してしまいます。
水分不足の皮膚は代謝が低下か、外界からの刺激やストレスに対して弱くなるため、にきびなどお肌の問題が起きやすくなります。
肌の健康状態を維持し、にきびを予防するために、肌をいたわってあげることが重要です。
けれども、湿度が低いわけでない季節であっても、にきびができることはありますので、油断することはできません。
空気の乾燥度合いや、日中の温度によっても、適切なにきび予防のやり方は変わっていくものです。
シーズンに応じて、にきび予防を工夫しましょう。

にきびの予防は季節によって異なる

冬は空気が乾燥していて、にきび予防には肌の保湿が大事です。
気温が高く、紫外線が強い夏は、どんなにきび予防が効果的でしょう。
夏になると、にきびができやすくなる背景には乾燥ではなく皮脂になり、必要な対策もおのずと変わってきます。
汗をかきやすい季節になると、毛穴から汗が出て、皮脂も剥がれやすくなります。
冬の間はそれほどでもなかった汗や皮脂が、夏には毛穴から多く出るようになってきます。
毛穴に汚れが詰まったり、皮脂が成分が残っていると、毛穴から呼吸ができなくなるわけです。
にきびができるのは、詰まった毛穴の中でアクネ菌がふえるためです。
きちんと顔を洗って皮脂汚れを落とし、清潔な状態を保つことでにきび予防を行うことができます。
しっかりとクレンジングをすることも、夏のにきび予防では大事になっています。
夏は、強い日差しから肌を守るために日焼け止めクリームを多用する日もありますので、毛穴に油分を含む成分が詰まりがちです。
何度も日焼け止めクリームを塗った部分はクレンジングでは汚れが取りづらく、毛穴にメイク汚れ等を残してしまうことがあります。
毛穴に汚れが残らないように、1日の終わりのクレンジングで、毛穴から分泌された成分や、メイクの成分をきちんと洗い落としましょう。
栄養バランスを考えた食事をすることも、夏には必要になります。
にきびの原因になる皮脂の分泌が、油っこい食事で促進されるためです。
揚げ物や肉類だけでなく、チョコレートやクリームも要注意です。
野菜や果物を意識して摂取することが、夏のにきびを予防するためには、大事になってくると言われています。

にきびを予防するには乾燥に注意する

空気が乾燥する季節のにきび予防は、汚れをしっかり落とすことと共に、十分な保湿をすることです。
お肌を乾燥から守るには、水分を蒸発させないために一定の油分が必要になりますが、洗顔時の湯が熱いと油分まで出ていってしまいます。
洗顔によってにきびを予防する場合、ぬるま湯や、水が顔をよく洗い、汚れを落とすということです。
顔を洗ったら、放置せずにすぐに保湿ローションなどをつけて、肌が乾燥しないようにケアをしましょう。
皮膚に与えた水分を蒸発して失うことがないように、油分を含むクリームを塗って、肌に蓋をかぶせてあげましょう。
睡眠不足は、にきびの大敵です。
眠ることと、にきび予防との関わりがピンとこない人もいるかもしれませんが、両者には密接なつながりがあります。
お肌ににきびができすやくなる理由の一つとして、ぐっすりねむれず、免疫抵抗力が悪くなることがあります。
お肌の不調は、睡眠時間が不足している時ほど、起きやすくなると言われています。
お肌のためには、よく眠ることが大事です。
肌の再生サイクルがずれて、古い皮脂が新しい皮脂と交代しづらくなってしまうためです。
お肌の深部でつくられた肌細胞は、28日にごとに古くなって皮膚から剥がれます。
よく眠れないでいると、肌のターンオーバーがずれて、新しい皮膚がなかなかつくられず、古い皮膚が何日も皮膚表面に留まりつづけるということになります。
乾燥が気になる季節は、にきび予防のために、お肌の保湿をきちんと行うことと、睡眠時間を確保することを重視しましょう。

にきび痕の治療方法

どんなにきびだったかによって、にきび痕の内容は変わります。
美白ローションは、にきび痕が黒っぽくなってしまったけれど、特にザラザラも、でこぼこもしていないという皮膚に適しています。
美白効果のあるローションなら、にきび後の色素沈着であっても、効果は期待できます。
美白ローションの中には、にきび痕の気になる部分につけるためにつくられているという商品もあるようです。
にきび痕の治療には、肌の再生を助けるためのイオン導入や、ケミカルピーリングを利用するといったやり方も存在しています。
一度限りでは目立った効果が確認できなかった場合でも、繰り返し行うことで顔全体のフェイシャルケアが可能になります。
にきびが深刻な症状だった場合、にきび痕はクレーター状になってしまいます。
にきびのころに、皮膚にいたコラーゲンの繊維が互いにつながってしまった結果、にきび痕がクレーターのようになるわけです。
フォトフェイシャルや、レーザー光を使うことで、クレーターのようになったにきび痕の改善が可能になります。
もしも、にきび痕がケロイド状になっていれば、副腎皮質ホルモン剤であるステロイドを使って回復を促していきます。
皮膚に大きなダメージを受けた時には、ステロイド剤が役立ちます。
扱い方には注意が必要ですが、やけどなどにも効果が実感できる薬です。
自力ではケアしきれないにきび痕もありますので、1人では手のつけようがない場合は、皮膚科で診察をしてもららうといいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする