サプリメントを販売する時の注意点

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_m

サプリメントを販売するには

健康や、美容のためにサプリメントを使うことが一般的になりつつあり、サプリメントを販売する側に回ってみたいと思う人もいるようです。
サプリメントの販売をしたいと考えているけれど、いざ実行に移すとなると何をすればいいか迷うという方もいます。
この頃は、ネットでサプリメントを買うことが珍しくはなくなっていますが、販売をする場合は勝手が違います。
どんな準備をすれば、ネット通販を利用したサプリメント販売業を手がけることができるのでしょう。
外見は薬のように見えますが、サプリメントは食品扱いなので、食品を販売する形になります。
サプリメントを製造すること自体は、個人でどうこうできるレベルではりあませんので、製造メーカーに依頼をすることになります。
サプリメントをつくる製造会社は、設備や環境など、法律で定められた内容を満たした中で、サプリメントの製造を行っています。
まずは、卸売り業者から他社のサプリメントを買ったり、サプリメントの製造会社に注文をして新しい商品をつくってもらうかします。
サプリメントを入手する見通しが立ったら、いよいよサプリメントの販売がスタートできます。
会社をつくらずとも、個人でサプリメントの販売はできますが、食品の販売になりますので、必要な準備もあります。
サプリメントの販売を行う時には、食品衛生法が該当することを知っておきましょう。
サプリメントの成分によっては、薬事法を守らなければならないこともあります。
サプリメントの販売を行う時には、どんな法律を守らなければならないかを調べておきましょう。

サプリメントを販売する時の注意点

あらかじめ確認しておくべき事柄が、サプリメントの販売業に際してはあります。
薬と違って食品であることから、サプリメントは薬のように効能書きを出すと、法律違反と見なされます。
薬のように病気の改善に効果があるような書き方は、サプリメントの広告では認められません。
書いてはいけない情報があることは、一般的には、知られていないかもしれません。
日本の法律では、サプリメントを販売する時に、治療効果や、効能書きをつけることは、ダメだと言われています。
もしも、サプリメントに治療の効果があるような書き方をしていると、薬事法に違反したことになります。
医薬品と違って、サプリメントは食品の延長線上にあるものとして扱うことになっています。
サプリメントに含まれる成分は、厚生労働省が定めた食薬区分の内容に基づかなくてはいけません。
薬事法では、薬の成分として指定されたものをサプリメントに入れ、病気の治療にいいという売り方をすることも、禁止事項です。
明確に食品は食品のカテゴリ内で販売するように法律は決まっています。
医薬品と、食品は売り方も表示方法も違うものであり、食品としてのみ販売が認められているサプリメントは食品の売り方に従います。
対面販売や、訪問販売など、サプリメントの販売をする時には該当する事柄ですので、気をつけるようにしてください。

サプリメントを販売するときの資格について

特別な資格を持っていなくてもサプリメントの販売は可能ですが、サプリメントアドバイザーという資格が知られています。
サプリメントを販売する時に必要な知識を得るための資格がサプリメントアドバイザーであり、民間でつくられた資格の一つとなります。
資格がないからといってサプリメントの販売が制限されるということはありませんが、顧客からの信頼性を高めるためなどで、サプリメントアドバイザーの資格は効果を発揮します。
国内で、サプリメントアドバイザーの資格を認定しているのは、日本ニュートリション協会か、日本サプリメントアドバイザー認定機構です。
資格の名前は同じですが、どうすれば資格がとれるかなどの条件はそれぞれの組織ごとに違っています。
サプリメントアドバイザーは、サプリメントについての知識を持っていて、購入に必要な助言を適宜与えることができるための資格です。
どっちのサプリメントアドバイザー資格が優秀ということはないようです。
自分にとってよさそうだと思うほうを選択するといいでしょう。
サプリメントアドバイザーの資格を販売に役立てたいと思っているなら、販売の助けになりそうな資格のほうをとっおくのもいいでしょう。
自分の置かれている環境次第で、使い勝手のいい資格は変わりますので、慎重に情報を集めてから、資格を取るようにするといいかもしれません。
サプリメントの販売自体は、どんな人でも可能です。
しかし、どのようにして売るべきかは、結果を確実に左右するものです。
数多くのお店がサプリメントの販売を行っていますので、その中でも突出した要素が必要になります。
しっかりとサプリメントの知識を持って、サプリメントの販売に従事することが求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする