健康的に痩せる!しそ酢ダイエットの成功ポイント

875546

しそ酢ダイエットの効果

いくつものダイエット方法が知られていますが、中でも利用者が多いものにしそ酢があります。
黒酢にしその汁を入れたものが、しそ酢です。
なぜ、しそ酢にはダイエット効果があるのでしょうか。
糖や脂肪が体の中に吸収される速度を抑えてくれるロズマリン酸が、青じそには豊富です。
ロズマリン酸はポリフェノールの一種です。
ダイエットに青じそが効果的なのは、そういう要因です。
マルターゼという酵素の働きで、炭水化物は分解されて、麦芽糖からブドウ糖へと変わります。
ロズマリン酸は、マルターゼを抑制するものです。
ブドウ糖になることができなかった麦芽糖は体の外へと出ていきますので、使い切れなかった脂質が脂肪にならず、血中脂質の上昇も抑制できるのです。
血糖値が上がらなければインシュリンもふえませんので、余ったカロリーが脂肪になることもありません。
ダイエットにしそ酢を飲むのは、このような理由からです。
血液サラサラ効果や、免疫向上効果が得られるのは、青じそを摂取することでカロテンが得られるためです。
青じそはダイエットにもよく、健康増進にも効果を発揮します。
黒酢は様々な栄養を豊富に含んでいて、代謝を高めたり、便秘の症状を回復する効果などもありますので、しそ酢を使えばダイエットに弾みをつけることができます。
しそ酢を賢く使うことで、ダイエット効率をアップさせましょう。

ダイエットに効果があるしそ酢の飲み方

ダイエットや、健康増進にしそ酢がいいと言われていますが、しそ酢の作り方はどのようなものでしょうか。
しそ酢をつくるには、面倒な手間や時間などはかかりません。
しそと黒酢があればできます。
つぶしたしその葉っぱをガーゼで濾し取ることで、しその絞り汁をつくるところから始めましょう。
できたしその絞り汁を、黒酢に入れればしそ酢になります。
煮沸消毒した瓶に入れておくことで保存がききますので、飲みやすいでしょう。
ダイエット効果を高めるには、毎日30~40mlを飲むといいでしょう。
飲みやすくするためには、水で5~10倍に薄めると、きつめの香りも和らぎます。
食後にしそ酢を摂取することで、ダイエットの効果を高めることができるといいます。
食事の前にしそ酢を飲むと、酢の酸味が食欲を刺激して、いつもより多めに食事をしてしまうことがあります。
空きっ腹にしそ酢を摂取すると、酢の成分が胃の粘膜を刺激して、体の具合を損ねる恐れがあると言われています。
体内のしそ酢濃度を一定に保つためにも、毎食後に少しずつしそ酢を飲むのもいいでしょう。
ハチミツを少し入れて、飲み口を多少和らげることで、お酢のきつさを緩和することが可能です。
短期間で劇的な効果が出るような類いのものではりあませんので、しそ酢を使うダイエットは気長に行うことがポイントです。
即効性が感じられなくても、せめて1カ月はしそ酢を飲み続けることで、体重への変化を観察していきましょう。
健康に配慮したダイエットを成功させるためにも、しそ酢を毎日飲むことは、効率的な痩せ方ができるといいます。

しそ酢ダイエットの成功ポイント

ダイエットにためにしそ酢を飲むとい人がいます。
しそ酢は健康的なダイエットにいい飲み物ですが、飲み方を工夫するとより効果がアップします。
胃への刺激を軽減するためにも、しそ酢ダイエットでしそ酢を飲む場合は、空腹時にしそ酢を飲まないようにすることです。
胃に何も入っていない状態でしそ酢を摂取すると、お腹がゆるくなることがあります。
食後など、胃に何か食べ物が入っている状態でしそ酢を飲めば、胃への負担は軽くなるでしょう。
しそ酢を何倍かに薄めることで、胃腸を痛めずにしそ酢ダイエットができます。
ダイエットのために、食事をする前のしそ酢摂取を習慣づけることは効果的ですが、できれば他のダイエット方法の補助として用いるといいでしょう。
適度な運動をすることが、ダイエットを成功させるためには基本となることです。
体の中に蓄積されている脂肪を効率的に燃やすには、水泳や、ヨガ、ウォーキングなどの運動をすることです。
一週間に2、3回の運動を習慣づけることによって、しそ酢の効果と合わさって、ダイエットをすることが可能です。
ダイエットが目的であれば、さほどきつい運動をせずとも、軽い運動を続けるやり方のほうがいいようです。
長期にわたって継続できる運動をすることを、重視するといいでしょう。
しそ酢を飲むことと、食べ過ぎを防いて体にいい食事をすることで、ダイエットは実感しやすくなります。
食事の分量がそもそも多すぎたら、せっかくのしそ酢ダイエットの効果も、相殺されてしまうでしょう。
食事内容を見直し、適度な運動をして、さらにしそ酢を摂取することによって、健康的なダイエットをすることができることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする