増えている円形脱毛症について

aa_1

円形脱毛症について

最近、円形脱毛症の症状に悩まされているという人が少なくないようですが、円形脱毛症とは何でしょう。
急に髪が抜けて、抜けた部分が円形や楕円形の頭皮が露出します。
10円玉と同じくらいの抜け毛ができるというイメージもありますが、実際、脱毛の範囲は様々なものがあります。
眉、まつげ、その他の体毛が抜けるというケースもあるといいます。
具体的な円形脱毛症の内容とはどんなものでしょう。
前触れなく髪が抜け始める、アトピー性皮膚炎の症状がある、脱毛している部分としていない範囲の境界が明確である、爪にでこぼこが確認できるなどが、円形脱毛症の特徴です。
そのまま放置していると、円形脱毛症の症状は、悪化する場合が少なくありません。
仮に、円形脱毛症が悪くなっているならば、患部近くの髪を抜くと、手応えなく抜けてしまいます。
その時の抜け毛には毛根がついてなく尖端がとがっていて、朝、起きると枕には抜け落ちた毛が数本確認できるという状態になるようです。
治療が必要な円形脱毛症の場合、皮膚科に行って、診察をしてもらう必要があります。
きちんとした治療をしてもらうためにも、円形脱毛症の症状か、別な何かなのかを調べます。
自力で解決できないことである以上、プロの目から見た判断がどうしても必要です。
ストレスをためこむことは円形脱毛症ではよくないことですので、皮膚科に足を運ぶことはとても重要です。

円形脱毛症の原因とは

どんな理由で、円形脱毛症になると考えられるでしょうか。
免疫機構が誤った動きをしたために、毛根の細胞の状態が変わってしまったというのが、最たる原因であるという予想が立てられています。
アトピーなどで、免疫機能が正常に働かなくなったことから、円形脱毛症の症状が出るのではと言われています。
気管支炎、皮膚炎、アレルギー性鼻炎の背景には、アトピー体質かどうかという要因が関わっています。
円形脱毛症の40%が、アトピーと関連性を持っているといいます。
また、ストレスのせいで、円形脱毛症にかかることもあります。
人間の体は、メンタルに著しくストレスがかかると、交感神経の働き活性化して、ストレスに立ち向かおうとします。
交感神経が、ストレスの影響で激しく動くことが、円形脱毛症の原因になったりします。
交感神経が暴走することで、頭皮へと流れる血液の量が少なくなり、頭髪をキープするための血流がなくなってしまいます。
円形脱毛症と診断された場合は、症状の治療を行います。
例えば、ステロイドを局所注射することで、免疫機能が働き過ぎないようにするというやり方があります。
外用薬や、内服薬など、円形脱毛症の治療薬は様々なものがあります。
ドライアイスを使って冷やす方法や、紫外線をあてるというやり方も存在します。
いずれにしろ、皮膚科で診断を受けて円形脱毛症の治療をしてもらうことが重要になります。

子どもの円形脱毛症

小さな子どもでも、円形脱毛症になって毛が抜けるというケースがあると言われています。
子どもが円形脱毛症になるとすぐには治りませんが、気長に治療に取り組む姿勢が大事になります。
抜け毛があるということ自体で激しく動揺する子どももいますが、精神的に子どもを守ってあげられるようにしてください。
一度限りの円形脱毛症なら、1年くらい治療に取り組むことで、治すことができるでしょう。
10年以上の治療を経て、やっと円形脱毛症が治ったという人もいます。
辛抱強く治療を続ける姿勢が大事になってくるでしょう。
幼いころの円形脱毛症は、ストレスが関係していることが少なくありません。
薬での治療だけでなく、ストレスを減らすことも大事です。
ストレスの内容が明らかであれば、ストレスがかからない環境をつくるようにします。
どんなストレスを感じているのかを、うまく自分の言葉で人に話すことができないという子どもも少なくありません。
子どもの中には、誰にも相談しないで1人で抱え込みがちな子もいます。
子どもが感じている問題をどう解決するか、教師や、地元の子育てサポートセンター等で話をすべき時もあります。
幼少期の円形脱毛症は、親側が何とか治そうと焦ることもありますが、治療のために必要なことにきちんとみんなで向き合うことが必要です。
結果を急がないで、確実な治療を心がけることが、子供の円形脱毛症には大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする