栄養ドリンク剤を使用する時の注意点

疲れがたまってくると飲みたくなるのが栄養ドリンク剤ですが、毎日のように栄養ドリンク剤を摂取しても良いのでしょうか。

もしも、栄養ドリンク剤を摂取するような状況になった場合、あらかじめ知っておくと役立ち知識には、どういったものがあるでしょう。

栄養ドリンク剤はビタミン剤とも言われ、ビタミンか豊富ですが、本来、ビタミンは食事で得るものです。

栄養ドリンクをビタミン剤として摂取することによって、疲労の回復や健康増進、病気の予防をすることはできます。

ただし、当面不要な量のビタミンについては、水溶性ビタミンの場合、尿などに溶け出す仕組みになっています。

体力回復のスピードを速めるために、おおめに栄養ドリンク剤を摂取したとしても、過剰分は体から出ていってしまうので、無意味なのです。

栄養ドリンク剤を摂取する場合には、ほとんどのドリンク剤に含まれているカフェインに注意しなければなりません。

1度にたくさんのカフェインを摂取すると、胃腸に負担がかかり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になります。

また、頭痛や耳鳴りを引き起こします。

カフェインの摂取を避けたいという人は、栄養ドリンク剤を選ぶ時に、カフェインが入っていないものにしましょう。

栄養ドリンク剤には苦い生薬などを飲みやすくするために、糖分が入っています。

アルコールを少量使っている栄養ドリンク剤もあります。

心臓が弱い人、糖尿が気になる人には、栄養ドリンク剤はおすすめできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする