ヒアルロン酸注入による豊胸のデメリット

f2pxxvhu
ヒアルロン酸注入による豊胸は、体にも負担が少なく、日帰りでできるプチ豊胸として人気がありますがデメリットはあるのでしょうか。

人の体には、もともとヒアルロン酸をつくる機能がありますので、ヒアルロン酸を注入しても副作用等はありませんが、それでもリスクはあります。

体内にヒアルロン酸を注射したために、体が敏感に反応する可能性がありますので、異常を感じたら速やかに医者の診察を受けてください。

胸に注入されたヒアルロン酸は、新陳代謝によって少しずつ分解されて、最終的に水になり体外へ排出されます。

ただし、ヒアルロン酸を注入してバストアップをした場合、一定の時間が経過すると豊胸効果は失われます。

体の中で、ヒアルロン酸が吸収されるまで2、3年かかります。

粒子の細かいものだと1~2年だそうです。

もしも、時間がたって大きくしていたバストが小さくなってしまったなら、再度、ヒアルロン酸の注入手術をしなければなりません。

身体的な不都合はありませんが、何回も豊胸手術をすれば手術費用がかさみますので、そのことは知った上でヒアルロン酸での豊胸術を利用してください。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術では、担当の医師の技術や経験、知識に出来上がりが左右されることも多いといいます。

医師が適切な判断をして、ヒアルロン酸をどこにどのくらい注射すればいいかが正しければ、きれいなバストになります。

ヒアルロン酸を注入することで得られる豊胸効果は、いい面もありますが、注意しなければならないこともありますので、事前に情報を確認しておくことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする