ヒアルロン酸注入による豊胸手術について

dks09odg
ヒアルロン酸注入による豊胸が最近バストの大きさで悩んでいる人の間で人気だといいます。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の利点は、体へのダメージが少ないことです。

豊胸のためにヒアルロン酸を注入しても、ヒアルロン酸は人の体に最初からありますので、異物扱いにはなりません。

健康を大きく損なうような副作用はほとんどないといわれていますので安心です。

ものの15分もあれば、バストアップをしたい場所にヒアルロン酸を注入することができます。

準備や、施術後の処理の時間などを入れても、45分くらいで済みます。

シリコンバックを入れる豊胸手術では、脇の下を切開しなければならないのですが、ヒアルロン酸の注入手術の場合は、注射をするだけで手術ができます。

注射器だけで行うので、傷跡もなく体の負担はかなり軽くなっているのが特徴です。

メスを使わないので、その日のうちに帰宅できるのも、人気の理由となっています。

施術を行った直後はしばらく痛みや腫れが残りますが、それでも数日が経過すれば元通りになるものです。

クリニックによっては、希望者には痛み止めの薬を出すことで、ヒアルロン酸での豊胸手術の痛み対策をしています。

胸の筋肉と、乳腺との境目にヒアルロン酸を注射し、胸のサイズを大きくするという方法が基本的なやり方なので、授乳や妊娠時の邪魔になることはありません。

注入するヒアルロン酸の量を確認しながら施術できるので、バストの形やバストアップの加減を柔軟に調整することができます。

豊胸手術が終わってからは普段どおりの生活に戻ることができますし、レントゲン撮影も一般の人と何も変わりません。

多くの利点が、ヒアルロン酸注入での豊胸手術にはあるといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする