スキンケア商品のサンプルの注意点

item_1000030375_1
スキンケア化粧品を選ぶときに便利なのがサンプル品ですが、サンプル品を利用するにあたって注意することは何かあるのでしょうか。

ネットから申し込めば、簡単にサンプル品を取り寄せることができますが、個人名や住所などの情報が、何に使われるかが心配です。

住所などの個人情報を化粧品メーカーに送ったところ、サンプル品が届いただけでなく、ダイレクトメールがどんどん届くようになるかもしれません。

スキンケア化粧品のサンプルが欲しいだけなのに、住所や電話番号を書いたことがきっかけで、他の品物の売り込みが来るのではないかという心配もあります。

消費者センターは、ものを買う時に伴う問題ごとの解決に助けになるものですので、困ったことが起きたら、消費者センターに聞くといいでしょう。

街頭でスキンケア用品のサンプルを配っている人の話を聞いているうちに、別の施設に案内されて、そこで商品を買うようにしつこく言われたという人もいます。

サンプル品ではなく、他の高価な化粧品の説明を延々と聞かされて、ついには欲しくもない商品を買わされてしまったという話もあります。

相手に強く押し切られて、特に必要だと感じていなかった商品を買ってしまった人は、消費者センターに相談し、クーリングオフを利用するといったことが必要になります。

中には良心的なメーカーで、本当に商品を知って欲しいがために、街頭でサンプル品を配っていることもあります。

スキンケア化粧品のサンプルを利用するメリットはたくさんあります。

サンプル品を試してから、本当にこのスキンケア用品が必要だと判断して買うことで、無駄な出費が抑えられます。

スキンケア化粧品のサンプル品を利用する時には、過剰反応しない程度に用心をしながら、必要な分だけを使ってみることが大事です。

コスメ・コム
@cosmeのクチコミで話題の約2万円相当の「ヘレナ ルビンスタイン」の名品スキンケアミニサイズ9点が入って3,240円(税込)で手に入れられるお得なボックス。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする