エステで施術される光フェイシャルの方法

4c809bee17738c5595096614d2cf90f3_s
さまざまな肌トラブルを改善できるエステの方法として、光フェイシャルの人気が高まっています。

美肌にいいという光フェイシャルを利用する時には、具体的に何をすることになるのでしょう。

年をとると徐々に出てくる皮膚の問題に対して、光フェイシャルは、症状を解消することが可能です。

最初に、肌チェックをして肌の水分量や肌質タイプを見るところが多いようです。

しっかりとカウンセリングをしてから施術を受けることが大切です。

肌の様子を確認し、光フェイシャルをどのように施すか決めたら、実行段階に入ります。

皮膚を洗い、汚れのない状態で、冷却ジェルを肌につけます。

アイカバーをつけて、光が目に入らないようにした上で、皮膚へと光をあてて、お肌の美容効果を高めていくステップに入ります。

カメラのフラッシュを当てられるような感覚で痛みはほとんどありません。

一通り光をあてたら、仕上げに皮膚をパックします。

皮膚のダウンタイムになり、ヒアルロン酸やコラーゲンで肌の保湿効果もあります。

肌の状態が整ったら、化粧や、洗顔などに、特段の制約などはありません。

光フェイシャルの施術後の肌は敏感になっているので、お出かけ前は日焼け止めを塗るなどしてしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。

光フェイシャルによる施術をした後は、入念に保湿しないと、肌が乾燥しやすくなっています。

痛みがほとんどないこと、施術にかかる時間が短いことが、光フェイシャルの利点です。

気楽に利用できることが、たくさんの人が施術を受けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする