低炭水化物ダイエットってなに?

ce1611f777ceeaf4fd6a9552f7ff65e1_s
低炭水化物ダイエットというのは、糖質制限ダイエットとも呼ばれています。

炭水化物を含んだ食品を摂取しないというスタイルのダイエットです。

低炭水化物ダイエットでは、炭水化物を含まないか、少量の炭水化物だけを使った食事をします。

食事の半分に相当する炭水化物をなくすことで、食事で摂取するカロリーの量を抑えて、ダイエットの効果を向上させる狙いがあります。

炭水化物は消化されると糖質に変わるため、人によっては炭水化物の事を糖質と言う人もいます。

炭水化物を体内に取り入れると、血糖値がアップします。

パンやご飯などの炭水化物を大量に摂取すると、血糖値がアップして、体内に蓄積されている栄養が脂肪になりやすくなります。

一定時間が過ぎると、急激に血糖値が下がります。

血糖値が下がると、体が糖分を必要とするので、空腹を感じるようになります。

炭水化物を減らした食事をすることで、血糖値の急上昇と急降下をを抑制し、急に空腹感を感じることが少なくなることから、トータルの食事量を減らし、ダイエットがスムーズにできるようになります。

ダイエットをしている時には、血糖値の上がり方をゆるやかにして、脂肪がつくられにくい体質にしておくことがポイントです。

炭水化物の制限によるダイエットをした場合には、脂肪がつきにくくなる為、ダイエット効果が見込めます。

炭水化物を減らそうとしても、ご飯やパンでない時は、ラーメンやうどん、そうめんなどで、いずれの場合も炭水化物をたくさん含みます。

低炭水化物ダイエットとまではいかずとも、炭水化物が少なめの食事を意識することによってダイエットの効果が実感できるようになりますので、食事の中でできることを確認してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする