横腹をスッキリさせるおなかダイエット

5cc047f174dadcce409b57505b5907eb_m
おなかダイエットをしたいと思っている人の中で、横腹の贅肉が気になるという人は多いのではないでしょうか。

おなかについた脂肪とは、食事などで得たカロリーのうち、活動エネルギーとして使い切れなかった分だといいますが、それはどうしてでしょう。

脂肪が蓄積されている部分は、筋肉量が減って、動きか鈍っていることが理由に挙げられます。

ダイエットしたい部分の筋肉がスムーズに働かない状態では、いくらトレーニングをしてもダイエット効果を得ることができません。

おなかのダイエットをしたいのであれば、腹部を取り巻く筋肉を、どう動けば刺激できるかを意識することです。

横っ腹の筋肉を意識して動かせるようにしておくことが、ダイエットを成功させるためには重要になってきます。

横腹についたお肉は、年齢によって代謝が落ちていることだけが原因なのではなく、普段気が付かないうちにしている姿勢のクセによって脂肪が溜まりやすくなっていることも考えられます。

お腹の筋肉でほとんど使わない箇所があると、そこに脂肪が蓄積され、運動をしてもなかなかスリムになれないということが起こりえるでしょう。

ストレッチ運動をして、お腹の筋肉を使いやすい体をつくってから、ダイエットをしましょう。

両手を上に伸ばして、肋骨と骨盤を引き離すようなイメージで、ストレッチをします。

横腹の筋肉を刺激するイメージで、体を左右の斜め上にそっと伸ばします。

おなか周りの筋肉をやわらかい状態にすることによって、体をツイストする運動がしやすくなり、おなかのまわりの筋肉を使ったダイエットができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする