腹筋をしてもおなかダイエットができない場合には

0b28d452b8682edd7a8b8499317dd21a_m
おなかダイエットをしようと思って毎日一生懸命腹筋運動をしている人も多いのではないでしょうか。

大抵の人は、腹筋運動という言葉からは、天井を見た姿勢で寝て、頭の後ろに手を添えてお腹の力で上半身を起こします。

上手におなかの筋肉に力を入れれなければ、首筋を痛めてしまうことがありますので要注意です。

ただ、やみくもに毎日ひたすら腹筋運動をすれば、おなかのダイエットができるわけではありません。

下腹部の筋肉を使ったエクササイズは、腹筋だけでは足りません。

では、どのようなエクササイズをすれば、おなかの様々な筋肉を有効に使えるような運動ができるものなのでしょうか。

まずは、おなかの筋肉をスムーズに使える体制になってから、エクササイズをしましょう。

骨盤のポジションを調節してから腹筋をすることが、おなかダイエットでは大事です。

骨盤を正しい位置に戻すには仰向けになり、おへそを床に押しつけるよう意識した状態で腕を上にのばして、お腹全体をストレッチする運動をしましょう。

腹筋をする前には十分にストレッチをして、次いで、ゴムボールを使って腹筋をします。

ゴムボールを腰の下に入れて、その状態でバランスをとります。

胸広げるようにしっかり両腕を広げて、両手を頭の後ろに添えた状態で、お腹で姿勢を保っていると感じられるところまで上半身を後ろに倒していきます。

床につくまで一定の早さで体を倒し、ゆっくりとした動作で体を起こすというエクササイズです。

効率的な腹筋をするためには、首にダメージを与えずに、続けやすい腹筋をすることがポイントです。

普段から、続けて腹筋をしているにのもかかわらず、おなかが引き締まらないという事は、ダイエット効果の高い腹筋を摸索していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする